メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震 家族3人失った農家の男性、決意の稲作 田に実り

土砂崩れの跡が残る幌内地区の水田で、稲の生育を見守る山本隆司さん=北海道厚真町で2019年9月1日、竹内幹撮影

 「今日で1年を迎えたよ」。北海道胆振(いぶり)東部地震で甚大な被害を受けた厚真町幌内の農業、山本隆司さん(54)は6日早朝、農作業前に自宅の仏壇で手を合わせた。土砂崩れで家が流されて田んぼや農機具は壊滅し、最愛の家族3人を失った。悲しみを乗り越え、1人で再開した米作り。田んぼには、黄金色に色づく稲穂がたくましく実っていた。

 山本さんは、地域で「米作り名人」といわれた父辰幸さん(当時77歳)と母リツ子さん(同77歳)、妹ひろみさん(同50歳)の4人家族。札幌の大学を卒業後、道内企業に勤めたが、27歳で後継ぎとして帰郷し、家族4人で水田約13ヘクタールとカボチャ畑約7ヘクタールを耕した。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです