宮内庁、「高御座」組み立て作業公開 「即位礼正殿の儀」で使用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
組み立てられる高御座。奥は御帳台=皇居・宮殿「松の間」で2019年9月6日午後1時26分(代表撮影)
組み立てられる高御座。奥は御帳台=皇居・宮殿「松の間」で2019年9月6日午後1時26分(代表撮影)

 宮内庁は6日、天皇陛下の即位を内外に示す儀式「即位礼正殿の儀」(来月22日)で使われる調度品「高御座(たかみくら)」の組み立て作業を、皇居・宮殿「松の間」で報道陣に公開した。

 高御座は高さ約6・5メートル、重さ約8トンで、大小9羽の金色の鳳凰(ほうおう)などが飾られた八角形の天蓋(てんがい)を8本…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

あわせて読みたい

注目の特集