メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

娘2人包丁で刺す 容疑の母逮捕 命に別条なし 埼玉・松伏

埼玉県警本部=さいたま市浦和区で、鈴木拓也撮影

[PR]

 長女(4)と次女(3)を包丁で刺してけがをさせたとして、埼玉県警吉川署は6日、同県松伏(まつぶし)町、無職、深澤純奈容疑者(36)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。娘2人は意識があり、命に別条はないという。

 逮捕容疑は6日午前7時半ごろ、自宅で長女と次女の上半身を包丁で刺してけがをさせたとしている。容疑を認めて「生きていることが嫌になった。今後、子どもが望んだ人生を歩ませてあげられない」と話したという。

 県警や越谷児童相談所によると、深澤容疑者は夫と娘2人との4人暮らし。夫が吉川署に容疑者について相談し、同署は5月14日に「児童虐待の恐れがある」として児相に書面で通告。近くに住む夫の両親に、娘2人の身の回りの面倒をみるように依頼していた。

 児相は9月4日に家庭訪問したが、変わった様子は感じなかったという。斎藤宏之副所長は「事件が起きたことを重く受けている。対応を検証したい」と話している。【鈴木拓也】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです