「一番大切な宝物」「ごめんね、会いたい」虫歯治療2歳児死亡 父親涙の陳述 損賠訴訟初弁論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
叶愛ちゃんの遺影を持って福岡地裁に入る両親=福岡市中央区で2019年9月6日午後1時34分、宗岡敬介撮影
叶愛ちゃんの遺影を持って福岡地裁に入る両親=福岡市中央区で2019年9月6日午後1時34分、宗岡敬介撮影

 麻酔薬を使った虫歯治療後に容体が急変して死亡した長女(当時2歳)の両親が、適切な処置を怠ったとして福岡県春日市の歯科診療所の元院長や担当歯科医らに計約1億500万円の損害賠償を求めて福岡地裁に提訴した。6日は同地裁(松葉佐隆之裁判長)で第1回口頭弁論があり、父親(33)が「子供の命が失われないようにしてほしい」と涙ながらに意見陳述した。

 死亡したのは、同市の山口叶愛(のあ)ちゃん。元院長らは弁論でいずれも請求棄却を求めた。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文725文字)

あわせて読みたい

ニュース特集