メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学生が御嶽山登山 火山防災へ理解深める

木曽町側の頂上の剣ケ峰に着いた三岳小児童=長野県木曽町の御嶽山で2019年9月6日午後1時19分、小川直樹撮影

 御嶽山のふもとの長野県木曽町立三岳小(滝澤勇一校長)の全校児童33人が6日、黒沢口登山道から御嶽山登山を行った。5年前の噴火災害を学び、火山防災への理解を深めるとともに、豊かな自然に触れるのが目的。3~6年の17人が山頂の剣ケ峰まで登り切った。

 黒沢口登山道は昨年9、10月に山頂への立ち入り規制が緩和され、今年は7月1日から山頂への登山ができる。三岳小は昨年、緩和前に当時の5、6年生が9合目の石室山荘に登ったが、今年は初めて山頂に挑戦した。

 児童それぞれの体力を考慮し、低学年らは8合目までの行程とした。山頂で5年前の噴火災害を体験した山岳…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「ふたご座流星群」見えるかな 14~15日が見ごろ、太平洋側は好天

  4. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです