メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏切内の異常、40秒前に検知 現場にいた運転士らも非常ボタン 京急衝突 

 横浜市神奈川区の京急線の踏切で快特電車と13トントラックが衝突し、トラック運転手が死亡、乗客ら30人超が軽傷を負った事故で、踏切内の異常を知らせる装置が事故の約40秒前に作動していた可能性が高いことが京急電鉄への取材で判明した。国の運輸安全委員会や京急は運転士がどの時点でブレーキを作動させたのか調べる。

 神奈川県警は6日、新たに女性2人が軽傷を負っていたことを明らかにし、けが人は子供を含む計35人(男…

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文1860文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです