メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「進化する演劇祭」 第0回豊岡演劇祭が開幕 平田オリザさんがディレクター

第0回豊岡演劇祭の社会実験として導入されたリストバンド型電子チケット(手前)とバスの位置情報の電光表示=兵庫県豊岡市城崎町湯島の城崎国際アートセンターで2019年9月6日、村瀬達男撮影

 劇作家の平田オリザさんがフェスティバル・ディレクターを務める「第0回豊岡演劇祭」が6日、兵庫県豊岡市城崎町湯島の城崎国際アートセンターで開幕した。初日は、平田さんが主宰する劇団「青年団」が7カ国語で「東京ノート・インターナショナルバージョン」を世界初演した。8日までの期間中、出石永楽館(同市出石町柳)を含めた2会場…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです