メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「進化する演劇祭」 第0回豊岡演劇祭が開幕 平田オリザさんがディレクター

第0回豊岡演劇祭の社会実験として導入されたリストバンド型電子チケット(手前)とバスの位置情報の電光表示=兵庫県豊岡市城崎町湯島の城崎国際アートセンターで2019年9月6日、村瀬達男撮影

 劇作家の平田オリザさんがフェスティバル・ディレクターを務める「第0回豊岡演劇祭」が6日、兵庫県豊岡市城崎町湯島の城崎国際アートセンターで開幕した。初日は、平田さんが主宰する劇団「青年団」が7カ国語で「東京ノート・インターナショナルバージョン」を世界初演した。8日までの期間中、出石永楽館(同市出石町柳)を含めた2会場…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです