メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン便り

本番前にあえて厳しい対戦 宿題を与えられた日本代表

【日本-南アフリカ】前半、ラインアウトからのボールを競り合うリーチ(左上)ら=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、長谷川直亮撮影

 自国開催のW杯を2週間後に控え、日本は南アフリカの胸を借りた。前回2015年W杯で逆転勝ちした「世紀の番狂わせ」の再現を期待する声をよそに、ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は「勝たなければいけない試合ではない。各自が役割を果たさなければいけない試合だ」と、その意義を表現した。

 結果よりも内容が重視される中、鍵となったのはセットプレーと一連の防御だ。主将のFWリーチは「僕らは点数を取る能力は高い。どこが相手でもトライは取ってきている。ただ、負けている試合は防御が悪い」。FW8人の平均体重で約5キロ重い南アフリカの圧力…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです