メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン便り

リーチ主将「スクラムは安定して4試合戦える」 日本代表選手談話集

【日本-南アフリカ】前半、ディフェンスを振り切り突進するリーチ=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、藤井達也撮影

 20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の壮行試合「リポビタンDチャレンジカップ2019」が6日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われ、日本(世界ランキング10位)はW杯優勝2度の強豪、南アフリカ(同5位)に6トライを許し、7―41で敗れた。試合後、日本の各選手の談話は次の通り。

WTB 松島幸太朗

 自分たちで修正できなかった。この試合をW杯本番前にできて良かった。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです