メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン便り

HBからのハイパントで差 日本代表、残り2週間で修正どこまで

【日本-南アフリカ】前半、相手とボールを奪い合う松島(右)=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、宮武祐希撮影

 効果的なキックで自陣に押し込まれ、フィジカルの強い南アフリカからプレッシャーを受け続けた。W杯の優勝候補から自分たちの理想とする攻撃をされた日本は、なすすべなく完敗した。

 日本はFW戦で圧力をかけられず、余裕を持って攻撃を組み立てた相手ハーフ団から、徹底したハイパントで攻められた。鋭い出足で間合いを詰める相手に対し、攻勢に出られなかった。前半22分には、自陣からSO田村が蹴り返したキックが中途半端に浅くなり、相手WTBのカウンターを止められず、一気にトライ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 東京都で新たに22人の感染確認 20人超は15日ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです