メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン便り

HBからのハイパントで差 日本代表、残り2週間で修正どこまで

【日本-南アフリカ】前半、相手とボールを奪い合う松島(右)=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、宮武祐希撮影

ラグビーW杯壮行試合

●日本7-41南アフリカ○(6日、埼玉・熊谷ラグビー場)

 効果的なキックで自陣に押し込まれ、フィジカルの強い南アフリカからプレッシャーを受け続けた。W杯の優勝候補から自分たちの理想とする攻撃をされた日本は、なすすべなく完敗した。

 日本はFW戦で圧力をかけられず、余裕を持って攻撃を組み立てた相手ハーフ団から、徹底したハイパントで攻められた。鋭い出足で間合いを詰める相手に対し、攻勢に出られなかった。前半22分には、自陣からSO田村が蹴り返し…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです