メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

フランス 「シャルキュトリー」を日本へ

白カビに覆われ始めたサラミの熟成度合いを確かめるガエタン・デュキュルティさん

ブタ肉加工食品 代表的な食文化のプロモーション展開中

 ワイン、チーズと並び、フランスの食文化を代表するシャルキュトリー。ハムやソーセージ、パテなど主にブタ肉を使った加工食品の総称だ。しかし、イタリアのパルマハムなどに押され、日本での流通は伸び悩んでいる。そこでフランス農業省の外郭団体は、欧州連合(EU)の補助金による日本向けプロモーションを展開中だ。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)、経済連携協定(EPA)、自由貿易協定(FTA)の発効が相次ぎ、貿易自由化が地球規模で加速する中、農業大国フランスの取り組みを現地で追った。

 約310のシャルキュトリー業者が加盟する「フランスシャルキュトリ・ケータリング・食肉加工工業連盟」…

この記事は有料記事です。

残り1791文字(全文2106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです