メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

フランス 「シャルキュトリー」を日本へ

白カビに覆われ始めたサラミの熟成度合いを確かめるガエタン・デュキュルティさん

ブタ肉加工食品 代表的な食文化のプロモーション展開中

 ワイン、チーズと並び、フランスの食文化を代表するシャルキュトリー。ハムやソーセージ、パテなど主にブタ肉を使った加工食品の総称だ。しかし、イタリアのパルマハムなどに押され、日本での流通は伸び悩んでいる。そこでフランス農業省の外郭団体は、欧州連合(EU)の補助金による日本向けプロモーションを展開中だ。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)、経済連携協定(EPA)、自由貿易協定(FTA)の発効が相次ぎ、貿易自由化が地球規模で加速する中、農業大国フランスの取り組みを現地で追った。

 約310のシャルキュトリー業者が加盟する「フランスシャルキュトリ・ケータリング・食肉加工工業連盟」…

この記事は有料記事です。

残り1791文字(全文2106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. ヤフーとラインが「経営統合の検討」発表

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです