メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

アニマルウェルフェア 飼育環境改善の「畜産革命」実現へ

発言するニッキー・エイモスさん(右)。講演後のパネル討論にはAWFCJapan代表の松木洋一・日本獣医生命科学大学名誉教授(左)らも参加した=東京都武蔵野市の同大で7月6日

東京で国際シンポ 欧州では投資家も重視との報告

 「アニマルウェルフェア畜産」の動向や課題を話し合う「AWFCJapan第4回国際シンポジューム」がこの夏、日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)で開かれた。畜産業における家畜の飼育環境の整備、改善は欧州を中心に進んでおり、投資家が食品会社の業務達成能力を評価する指標の一つとして「家畜福祉」を重要視していることなどが報告された。

 アニマルウェルフェア畜産の原則として「五つの自由」が国際的に知られている。

この記事は有料記事です。

残り1853文字(全文2079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです