メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネチア映画祭便り

オダギリジョーさん監督作品上映 観客の反応にほっと「拍手がうれしい」

映画「ある船頭の話」の上映後、立ち上がって観客の声援に応える主演の柄本明さん(手前)とオダギリジョー監督(右から2人目)ら=イタリア北部ベネチア・リド島で2019年9月5日午後7時12分、井上知大撮影

 イタリアで開催中の第76回ベネチア国際映画祭で5日夜(日本時間6日未明)、「ベニス・デイズ」(映像作家週間)部門に出品されている、俳優のオダギリジョーさんの初の長編監督作「ある船頭の話」が公式上映された。日本の長編映画が同部門へ出品されるのは初めて。上映後、オダギリ監督のほか、出演した柄本明さん、村上虹郎さんに客席から数分間にわたり拍手が送られた。【ベネチア井上知大】

 「ベニス・デイズ」は、映画祭本部とは独立し、イタリア監督協会の主催で革新性や探求心などに優れた作品…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文756文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです