メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

プロ野球 ノーヒット・ノーラン達成 千賀の魔球、なぜ消える ジャイロ回転のフォーク

 6日のロッテ戦(ヤフオクドーム)でノーヒット・ノーラン(無安打無得点試合)を達成したソフトバンクの千賀滉大(せんがこうだい)投手(26)。その武器が「お化けフォーク」。落差が大きく、打者の視界から消えるため、そう呼ばれている。6日の試合でも最後の打者から空振り三振を奪ったフォークの正体に迫った。【吉見裕都】

 千賀投手は6日の試合で12個の三振を奪い、今季の通算奪三振も12球団で唯一、200個の大台に乗せた。大きな落差があるとされる千賀投手のフォークを目の当たりにしてきた日本ハムの主砲・中田翔選手(30)は「あれだけ落差があったら振ってしまうし、ましてや真っすぐの球威があってポイントが前にあるので余計に振ってしまう」と「お化け」ぶりを証言。千賀投手と同じくフォークを駆使する楽天の森原康平投手(27)は…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです