メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

北海道胆振東部地震1年 みんなで育てる再起の卵

地震で1階部分がつぶれた築約2年の自宅=幌里で2018年10月5日午前9時11分、北山夏帆撮影

 44人が帰らぬ人となった北海道胆振(いぶり)東部地震から6日で1年がたった。37人の死者を出した厚真町には、今も地割れや土砂崩れなど爪痕が残る。

 2018年9月6日午前3時7分。同町幌里地区で養鶏場「小林農園」を営んでいた小林廉さん(36)は、自宅の寝室で「バーン!」という爆弾が落ちたような音に起こされた。土砂に押され、傾き始めた家の2階の窓から妻の路子さん(36)と裸足で飛び降り一命を取り留めた。一方、約1500羽いた鶏は犠牲に。「来夏に3000羽」を目標に、資金を借り入れた直後のことだった。町によると、地震前に約4670人いた町民は、1年で100人以上減少。幌里地区では4人の尊い命が失われ、一帯は土砂の下敷きになり住み続けるには危険と判断された。

 地震から2週間後、小林さんは、鶏の鳴き声やにおいに配慮し、近隣に住宅がない新しい土地を探し始めた。…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文870文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです