メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレビ最前線

/下 バラエティー 常に新しいことに挑まねば テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

プロデューサーと演出を兼務することが多い佐久間宣行=東京都港区で

 テレビのバラエティー番組の制作現場は今、どんな課題や悩みに直面し、視聴環境の変化をどう乗り越えようとしているのか。テレビ東京のプロデューサーで、他局でラジオ番組のパーソナリティーも務めている佐久間宣行(43)に話を聞いた。【聞き手・松尾知典】

「うそ」が好まれぬ時代/ネットと融合して進化を

 ――テレビ東京系のバラエティー番組「ゴッドタン」(土曜深夜1時45分など)は2000年代に放送が始まり、放送回数は600回を超えた。番組を作る上で心がけてきたことは?

 ◆僕自身、1980年代の黄金期と言われたフジテレビの深夜番組が好きで、カルチャーの匂いや、演劇や映…

この記事は有料記事です。

残り1950文字(全文2229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです