メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東大震災巡る朝鮮人虐殺 吉野作造らが実態調査 公表差し止めの原稿も 記念館で企画展 大崎 /宮城

展示されている吉野作造の原稿「圧迫と虐殺」(複写)=大崎市の吉野作造記念館で

 企画展「民衆とともに生きる―吉野作造・布施辰治と復興の精神」が、大崎市古川の吉野作造記念館で開かれている。「大正デモクラシー」を主導した古川出身の政治学者、吉野と、石巻市出身で労働運動や朝鮮独立運動にかかわった弁護士の布施が、1923(大正12)年9月1日の関東大震災を巡る「朝鮮人虐殺」について、論文寄稿や実態調査を試みたことや、自由な言論を制約されて発表できなかった調査があることを伝える。【山田研】

 月刊誌「中央公論」23年11月号に載る吉野の論文「朝鮮人虐殺事件に就(つ)いて」が展示されている。…

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです