メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわき「いつだれkitchen」  障害や年齢、垣根なく 一緒に料理、食卓囲む /福島

自慢の家庭料理が完成し、盛り付ける時は笑顔がこぼれる=いわき市平上荒川の「いつだれkitchen」で

 毎週木曜になると、いわき市平上荒川の「いつだれkitchen(キッチン)」は、寄付で集めた食材で作った家庭料理を大勢の人が囲み、不思議な温かさに包まれる。料理を作る側や食べる側、年齢も障害も関係なく、誰もが自らの役割を実感できる場所だ。みんなが気負いなく関われる地域福祉の拠点を目指して進化を続ける。【寺町六花】

 8月下旬の木曜正午、湯気が立ちこめる台所で、福祉関係者や管理栄養士たちが巧みに包丁や鍋を操っていた…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 「僕はいじめられっ子」被害訴える文章、教諭が教室内に掲示 日光市教委が厳重注意

  4. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです