メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「無料塾ひこざ」5年目 広がれみんなの居場所 歩みと現状、一冊に さいたま /埼玉

「ありのままが伝わる本になった」という榎本さん(左)と雛元さん=さいたま市桜区で

 経済的事情で塾に通えない子供たちの学習を支援しようと、さいたま市桜区下大久保に地域の有志が開設した「無料塾ひこざ」が活動5年目に入り、開塾の経緯や現状をまとめた「子どもが元気になる無料塾 地域型無料塾『ひこざ』の魔法力」(さわらび舎)を8月に出版した。事務局長の雛元聖子さん(71)は「経験をありのままにまとめた。もっと各地に無料塾が増えてほしい」と願う。【藤田祐子】

 8月下旬の開塾日。国道463号沿いに建つ平屋に塾生が集まってきた。引き戸の玄関口を上がった板張りの…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです