メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路上のまなざし

マンモス団地・高島平/4 高齢者が「助け合い」 /東京

車椅子で通院する助け合いの会の間々田さんと活動会員の竹内さん=板橋区の高島平団地で7月17日

 東京都板橋区にあるマンモス団地「高島平」。47年前にオープンした当初は、入居者の大半を若い子育て世代が占め、朝な夕なに保育園や幼稚園の子供たちを乗せた送迎バスが行き交っていた。それが歳月を経た今、デイサービス用の送迎バスに姿を変えた。

 そんな団地の二丁目自治会に「助け合いの会」が発足したのは、2002年の春だった。

 「年配の夫婦や独居者が増えて日常生活に支障が出る中、『自治会で何かお手伝いができないものか』と声が上がったのが発端です。介護保険でヘルパーさんをお願いするにも限度があるし、個人負担の金額もままにならないですからね」

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです