メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

南平台温泉ホテル/上 館内の大衆演劇、盛況 震災復興も人情が支え /東京

東日本でも屈指の人気を誇る「劇団美松」の松川小祐司さん(左)と翔也さん(右)=栃木県那珂川町の南平台温泉ホテルで

 ◆南平台温泉ホテル 栃木県那珂川町小口1342

 ホテル内に大衆演劇の劇場がある。「みなみ座」という。ここで「劇団美松」が毎年9月に定番の公演を催す。兄の松川小祐司さん(27)と弟翔也さん(25)の2人が劇団の座長を務める。妖艶な女形や高速自在の殺陣……。2人は女形も男形も演じ分け、観客を魅了する。

 みなみ座は2001年にオープンした。ホテル内の日帰り入浴施設「観音湯」の活気を取り戻すためだった。そのこけら落としでは、まだ小学生だった松川兄弟、その両親や祖父も出演した。各地の劇場が減り続ける中、みなみ座は日帰り入浴客や宿泊客のファンを増やし、順調に運営を続けてきた。

 しかし、転機が訪れる。11年3月の東日本大震災である。幸い来館客やスタッフらに大きなけがはなかったが、ホテルの一部が損壊し、劇場や観音湯の一部は使えなくなった。「再建は無理だ」。取引銀行の行員がつぶやいた言葉が篠崎暢宏社長(73)の耳に今も残る。だが、それは覆された。大工の心得があるスタッフらが立ち上がり、10室程度の客室や源泉建屋などを修理し、3月中にホテルと観音湯の営業を再開させたのだ。被災…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです