メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アオウミガメのふ化確認 本州で初めてか 浜松の海岸、NPO54匹放流 /静岡

放流され、海に向かうアオウミガメ=静岡県浜松市南区の海岸で

 浜松市のNPO法人「サンクチュアリNPO」(馬塚丈司理事長)は6日、同市南区の海岸で保護していたアオウミガメのふ化を同日早朝に確認したと発表した。誕生した54匹の子ガメは早速放流され、海に帰っていった。NPO法人「日本ウミガメ協議会」(大阪府)は「2008年に愛知県豊橋市で産卵したのは確認しているが、本州でアオウミガメがふ化したのは初めてではないか」としている。【福沢光一】

 馬塚理事長(67)によると、7月1日に袋井市の浅羽海岸でアオウミガメの産卵を確認し、同区の海岸に卵…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文624文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです