メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

利き酒とれいん、22日に出発! 7蔵元、全部呑む 4年ぶり復活、伊賀焼のおちょこで /三重

利き酒とれいんで飲める伊賀市内の7蔵元を紹介したチラシ=伊賀鉄道提供

 伊賀鉄道などは22日に列車に揺られながら伊賀市内7蔵元9種類の伊賀の酒を味わう臨時列車「利き酒とれいん~伊賀市の酒蔵全部呑(の)み~」を上野市―伊賀神戸駅間で2往復運行する。利き酒とれいんは4年ぶりの復活で1往復増便した。料金は運賃含め一般2800円。両列車とも定員44人(先着順、両方の乗車は不可)。予約は10日午前10時から受け付ける。【大西康裕】

 7蔵元は大田酒造▽森喜酒造場▽中井酒造場▽森本仙右衛門商店▽福井酒造場▽橋本酒造場▽若戎酒造。大田…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文622文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです