メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重とこわか県民健康会議 スポーツで心も育んで 小椋さんが基調講演 /三重

 津市一身田上津部田の県総合文化センターで6日、健康づくりの大切さについて考える催し「三重とこわか県民健康会議~日本健康会議in三重」が開かれた。元バドミントン日本代表でスポーツキャスターの小椋久美子さん(36)が、基調講演で「スポーツを通して体だけでなく心の健康も育んでほしい」と呼びかけ、参加した約230人は熱心に聴いていた。

 小椋さんは川越町出身。「オグシオ」コンビで知られ、北京五輪で5位入賞した。現役時代は五輪に出場する…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  5. 池袋暴走 高齢ドライバー対策の契機に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです