メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筋ジス、理解深めて 患者自ら企画、16日三田で催し /兵庫

イベントを企画した筋ジストロフィー患者の蔭山武史さん=神戸市北区で、粟飯原浩撮影

 全身の筋肉が次第に衰える難病、筋ジストロフィーについて考えるイベント「筋ジス☆リスペクト トーク&ライブ」が16日、三田市川除の市総合福祉保健センターで開かれる。筋ジス患者をテーマにした映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のプロデューサー・石塚慶生さんの講演もある。

 神戸市北区の筋ジス患者、蔭山武史さん(43)が理事長補佐を務めるNPO法人「もみの木」の主催。もみの木は、筋ジス患者の命や生活の質を維持するため、気管切開ではなく鼻マスクでの人工呼吸療法の普及を訴え、公開講座を続けてきた。イベントは、今年12月…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです