メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「個人情報が漏れている」「カードが不正利用されている」 不審な電話、気を付けて 特殊詐欺、松山で急増 /愛媛

 今月に入り、高齢者を狙った特殊詐欺が県内で急増している。警察官や百貨店職員を名乗って電話をかけてくる手口が目立ち、相談件数は6日正午までに計32件に上った。特に松山市と西条市に不安をあおって面会しようとする電話(予兆電話)が集中。3、4日には松山市で80~90代女性4人がキャッシュカードなどをだまし取られ、計約410万円の被害も発生した。予兆電話の増加を受け県警は6日、今年初の特殊詐欺警報を発令した。【遠藤龍】

 県警などによると、6日は西条市で4件、松山市で2件の予兆電話を確認した。西条市での電話は警察官を名乗り、「名前が詐欺集団の名簿に載っている」「個人情報が漏れている」などと語った。また、松山市の電話は百貨店職員を名乗り、「あなたのカードが不正利用されている」と語るなど、いずれも不安をあおる内容だった。いずれも特殊詐欺を狙ったものとみられ、電話のやり取りの末、自宅まで現金やキャッシュカードを取りに来…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  5. 国家試験、高校生18人受験できず 1種電気工事士、教員申し込み忘れ 福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです