メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「個人情報が漏れている」「カードが不正利用されている」 不審な電話、気を付けて 特殊詐欺、松山で急増 /愛媛

 今月に入り、高齢者を狙った特殊詐欺が県内で急増している。警察官や百貨店職員を名乗って電話をかけてくる手口が目立ち、相談件数は6日正午までに計32件に上った。特に松山市と西条市に不安をあおって面会しようとする電話(予兆電話)が集中。3、4日には松山市で80~90代女性4人がキャッシュカードなどをだまし取られ、計約410万円の被害も発生した。予兆電話の増加を受け県警は6日、今年初の特殊詐欺警報を発令した。【遠藤龍】

 県警などによると、6日は西条市で4件、松山市で2件の予兆電話を確認した。西条市での電話は警察官を名乗り、「名前が詐欺集団の名簿に載っている」「個人情報が漏れている」などと語った。また、松山市の電話は百貨店職員を名乗り、「あなたのカードが不正利用されている」と語るなど、いずれも不安をあおる内容だった。いずれも特殊詐欺を狙ったものとみられ、電話のやり取りの末、自宅まで現金やキャッシュカードを取りに来…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  4. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  5. 熱血!与良政談 河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです