メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県、アコヤ稚貝生産へ 大量死受け、漁協などが要望 /愛媛

中村時広知事(左)に陳情書を手渡す県漁業協同組合連合会の平井義則会長=松山市一番町4で、花澤葵撮影

 宇和島市と愛南町で養殖中のアコヤガイが稚貝を中心に大量死している問題で、県は6日、県水産研究センターが来週から稚貝の生産を始める方針を明らかにした。県漁業協同組合連合会などの要望を受けたもので、センターで最大規模の100万個の生産を目指す。餌料プランクトンの供給も近く無料で始める。

 県漁連などの業界団体はこの日、県庁を訪れ、中村時広知事と面会。稚貝を生産するために必要な餌料プランクトンの供給▽来年度以降の種…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  4. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです