メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「メガソーラー建設に反対」 観光、漁業関係者が四万十市に要望書 景観悪化や災害時を懸念 /高知

四万十川沿いのメガソーラー建設予定地=高知県四万十市三里で、上野力撮影

市、13日に地元説明会

 四万十市三里の四万十川沿いの民有地に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する計画が持ち上がっており、地元の観光業者や漁業者ら10人が5日、四万十市役所を訪れて建設を許可しないよう求める要望書を中平正宏市長に提出した。【上野力】

 計画は、国内外の観光客にも人気の高い佐田沈下橋の上流約1キロの民有地(8・3ヘクタール)に出力3メガワットの発電施設を作るもの。現地周辺は、県の定める四万十川条例に基づき、開発には市の許可が…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです