メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本明川の鳥たち

モズ はやにえ モテるため!? /長崎

モズ=長崎県諫早市で、足立旬子撮影

 諫早市本明町の本明川沿い。木のてっぺんで、モズが甲高い声で鳴いていた。全長約20センチ。くちばしから目の後ろまで黒い線があるのが特徴だ。

 かわいい顔をしているが、くちばしはカギ形で鋭く、肉食系のハンターだ。秋から冬にかけて、バッタやヘビ、ネズミなどの獲物を木の枝先などに突き刺して「はやにえ」を作る…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです