メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震1年 「輝きを再び」

復旧活動が続く吉野地区に設置された献花台に花を供え、うつむきながら引き揚げる人たち=北海道厚真町で2019年9月6日、貝塚太一撮影

[PR]

 最大震度7を観測し、災害関連死3人を含む44人が犠牲になった北海道胆振(いぶり)東部地震は6日、発生から1年を迎えた。37人が亡くなった厚真町の宮坂尚市朗町長は防災行政無線で「犠牲になった方々が愛した町を再び輝かせるため努力を重ねたい」。兄を失い、献花台で手を合わせた川上京子さん(62)は「1年たっても悔しい思いが去らない」と涙を流した。厚真・むかわ・安平の3町では8月末時点で345世帯667人が仮設住宅などで避難生活を送っている。【福島英博、高橋由衣】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです