メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

楽天携帯、暗雲 基地局整備、計画の6分の1以下

自社のモバイル端末を手に記者会見する楽天の三木谷浩史会長兼社長=東京都世田谷区で2019年9月6日午後、尾籠章裕撮影

 楽天傘下で、自前で通信網を持つ携帯電話事業に新規参入する楽天モバイルは6日、携帯電話サービスの本格的な開始時期を、当初予定の10月から延期することを正式に表明した。大手3社の寡占状態に風穴を開けると期待される楽天は、スタートからつまずいた形となった。一方、ソフトバンクは契約の「2年縛り」を廃止すると発表。政府の携帯電話料金の引き下げ方針に沿ったものだが、既存の3社もビジネスモデルの練り直しを迫られている。【加藤明子】

 「ネットワークが安定的に稼働することをしっかり確認する」。6日、東京都内で記者会見した楽天の三木谷…

この記事は有料記事です。

残り2203文字(全文2464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです