メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲・国民合意2週間 統一会派、態勢整わず 会派名・人事、駆け引き

統一会派結成までに残された主な課題

 立憲民主、国民民主両党が衆参両院で組む予定の統一会派を巡り、水面下で両党の調整が続いている。会派合流を決めた党首間合意から2週間余りが過ぎたが、いまだ会派名や人事など態勢が整わない。秋の臨時国会を控え、統一会派の具体像が見えないことに両党内からは不安の声も出始めた。【野間口陽、東久保逸夫】

 「安倍1強とも言われる政治に不信や不安を抱く多くの有権者の思いは、安倍政権に代わる選択肢を明確に示す野党の存在に対する期待だ」。立憲の枝野幸男代表は6日の全国幹事長会議で会派合流に理解を求めた。出席者からは異論は出なかったものの、「合流の狙いを分かりやすく発信して」などと注文も相次いだ。

 両党の協議は出口が見えないのが現状だ。枝野氏が国民の玉木雄一郎代表との党首会談で会派合流に合意した…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです