メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米・タリバン協議「蚊帳の外」 アフガン政府、和平へ危機感

アフガン和平合意を巡る構図

 アフガニスタンの和平に向け、トランプ米政権と旧支配勢力タリバンが目指す合意について、協議に加われないアフガン政府が懸念を強めている。現状で合意に至れば、約1万4000人の米軍は段階的に撤収する一方、タリバンとアフガン政府の本格的な停戦はアフガン国内の当事者間対話に委ねられる。政府には和平の実現が担保されない現状への危機感がある。【バンコク松井聡、ワシントン高本耕太】

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  5. ミス連発、まさかの最下位 紀平「調整ミス。体が動かなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです