メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奨学金返済、企業が支援 優秀な人材つなぎ留め りそな、上限設けず融資 レナウン、1万円給料上乗せ

企業による奨学金の返済支援

 社員が学生時代に借りた奨学金の返済を、企業が支援する動きが広がっている。りそなホールディングス(HD)は10月、一部傘下銀行社員を対象に、奨学金を一括返済する資金を実質無利子で貸し出す制度を始める。アパレル大手のレナウンなどは、毎月の給料に奨学金返済の支援金を上乗せ支給する制度を開始。人手不足を背景に、各社とも優秀な社員の確保やつなぎ留めを図っている。【藤渕志保】

 りそなでは、今春の新入社員約560人のうち2割が奨学金を借りている。若手のうちは給料が低い一方、毎月決まった額の返済を借入先から求められるため、生活に余裕がなくなるケースがあった。このため、りそなは上限額を設けず返済資金を融資する。会社への毎月の返済は、生活に余裕を持てる範囲で自由に決めることができ、利子は会社が負担する。同社人材サービス部は「安心して長く働ける環境をつくりたい」と話す。同様の制…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです