メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税ポイント解説

消費税10% キャッシュレス・ポイント還元 登録店舗28万店に

消費税がかからないものは…

 経済産業省は6日、消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度の審査を通過し、登録済みとなった店舗が、約28万店(2日時点)になったと発表した。経産省は登録済み事業者の一覧を公式サイトに掲載しているが、膨大な量となり「使いにくい」との苦情が来ており、改善を進める。

 5日までに登録申請した中小事業者は約58万店で、最近は1日1万店を超えるペースで増えているという。経産省は、登録済み店舗名と各店のポイント還元率などの一覧を制度の公式サイト「キャッシュレス・消費者還元事業」にPDFファイルで掲載しているが、6日時点でページ数は約6300ページに及び、事務局のキャッシュレス推進協議会には「自分の近くの店が探せない」といった苦情が寄せられているという。

 このため経産省は、公式サイトやスマートフォンアプリ用に、地図付き検索サービスを9月後半にも始める方針。【土屋渓】

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです