メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国におもねったのか検証を=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

柴田明夫 資源・食糧問題研究所代表

 安倍晋三首相は8月25日のトランプ米大統領との会談で、日米貿易交渉について23日の閣僚級協議で大枠合意した内容を確認。9月下旬の署名を目指すことで一致した。政府や農業団体は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)並みの関税水準を守ったとして一定の評価をしているが、いくつか検証が必要だろう。

 一つ目は、交渉のスタートラインがなぜTPP水準だったのか。自らTPPを離脱した米国に対しては、白紙からとすべきではなかったか。二つ目は、米国産牛肉と豚肉(低価格品)の関税を段階的に下げるとしているが、その期間が短縮されることはないか。三つ目は、米国産トウモロコシの追加購入を約束したことは米国にお…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです