メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編 辺野古移設、軟弱地盤を議論 防衛省有識者会議初会合

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤の改良工事について検討する防衛省の有識者会議の初会合が6日、同省で開かれた。沖縄県側は移設工事に反発しているが、防衛省は会議での提言を根拠に、県に設計変更の承認を申請するとみられる。

 防衛省は、軟弱地盤に砂を固めたくい約7万7000本を打ち込んで地盤を強化する工法を検討しており、工期は3年8カ月と試算する。しかし、移設に反対する沖縄県や野党は実現可能性などを疑問視して…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 新型コロナ最多66人の北海道は集団感染も 知事「思い切った対策」外出自粛に踏み込む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです