メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学部不正入試 損賠訴訟  医学部受験の女性「今後も不正入試危惧」

 医学部に合格していたのに性別や社会人経験を理由に不正に不合格にされたとして、元受験生の女性が東京医科大、順天堂大、昭和大の3大学に慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が東京地裁(田中秀幸裁判長)で開かれ、3大学側は請求棄却を求めた。原告の女性は「二度と不正が起こらないよう、司法の場で判断してもらいたい」と意見陳述した。

 女性は「医師になりたいという思いを胸に、歯を食いしばりながら勉強を続けてきた。不正入試に巻き込まれたと知った時の絶望や怒りはとても大きかった」と振り返った。問題発覚後の大学側からの補償や再発防止策についても「不十分。今後も同じような不正が行われるのではないかと危惧している」と憤った。

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです