メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学部不正入試 損賠訴訟  医学部受験の女性「今後も不正入試危惧」

 医学部に合格していたのに性別や社会人経験を理由に不正に不合格にされたとして、元受験生の女性が東京医科大、順天堂大、昭和大の3大学に慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が東京地裁(田中秀幸裁判長)で開かれ、3大学側は請求棄却を求めた。原告の女性は「二度と不正が起こらないよう、司法の場で判断してもらいたい」と意見陳述した。

 女性は「医師になりたいという思いを胸に、歯を食いしばりながら勉強を続けてきた。不正入試に巻き込まれ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです