メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童1万6772人 前年比3123人減 「ゼロ」実現不透明

 厚生労働省は6日、認可保育所などに申し込んでも入れない待機児童数が、今年4月1日時点で前年より3123人減の1万6772人だったと発表した。減少は2年連続。集計の定義が何度か見直されているため単純比較はできないが、統計開始の1994年以降、4月時点で過去最少。都市部を中心に保育所の整備が進んだためとみられる。ただ、政府が掲げる「2020年度末までに待機児童ゼロ」を達成できるかは依然不透明だ。

 認可保育所などへの利用申込者は約278万4000人(前年比約7万2000人増)で過去最多。総定員も…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  3. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  4. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです