メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

ジャムを使い切る 甘酸っぱさ、調味料の「顔」

=アヲハタ提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ジャムはパン食とともに普及し、さまざまな味の商品が登場している。自家製ジャムを作る家庭もある。使い切れないと劣化してしまうが、料理に役立つ「調味料」の顔もある。大手メーカーのアヲハタ(本社・広島県竹原市)に活用方法を聞いた。

 日本ではジャムをパンに塗ったりヨーグルトに入れたりして食べるのが一般的だが、海外ではソーセージやベーコンなどの肉料理にアンズ(アプリコット)ジャムを加え、オムレツにラズベリージャムをかけるなど、調味料やソースとしても広く活用されている。同社で商品開発の経験がある宇都宮勝博・執行役員室長は「マーマレードやアンズジャムのような酸味を備えたジャムは汎用(はんよう)性が高い。みりんの代用にするイメージで使ってほしい」と勧める。

 ジンジャーソテーはリンゴジャムにショウガを加えてショウガ焼き風に作る。同社はリンゴとショウガを混ぜ…

この記事は有料記事です。

残り1862文字(全文2253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです