メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

ジャムを使い切る 甘酸っぱさ、調味料の「顔」

=アヲハタ提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ジャムはパン食とともに普及し、さまざまな味の商品が登場している。自家製ジャムを作る家庭もある。使い切れないと劣化してしまうが、料理に役立つ「調味料」の顔もある。大手メーカーのアヲハタ(本社・広島県竹原市)に活用方法を聞いた。

 日本ではジャムをパンに塗ったりヨーグルトに入れたりして食べるのが一般的だが、海外ではソーセージやベーコンなどの肉料理にアンズ(アプリコット)ジャムを加え、オムレツにラズベリージャムをかけるなど、調味料やソースとしても広く活用されている。同社で商品開発の経験がある宇都宮勝博・執行役員室長は「マーマレードやアンズジャムのような酸味を備えたジャムは汎用(はんよう)性が高い。みりんの代用にするイメージで使ってほしい」と勧める。

 ジンジャーソテーはリンゴジャムにショウガを加えてショウガ焼き風に作る。同社はリンゴとショウガを混ぜ…

この記事は有料記事です。

残り1862文字(全文2253文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです