ラグビー リポビタンDチャレンジカップ 南アに完敗、W杯へ課題 7-41 日本、速攻に防戦一方

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-南アフリカ】前半、南アフリカにトライを決められ肩を落とすトンプソン(中央右)ら=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、長谷川直亮撮影
【日本-南アフリカ】前半、南アフリカにトライを決められ肩を落とすトンプソン(中央右)ら=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、長谷川直亮撮影

 20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の壮行試合「リポビタンDチャレンジカップ2019」が6日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われ、日本(世界ランキング10位)はW杯優勝2度の強豪、南アフリカ(同5位)に6トライを許し、7―41で敗れた。南アフリカとの対戦は、34―32で劇的な逆転勝利を収めた2015年W杯イングランド大会の1次リーグ以来2回目。日本は前半に3トライを奪われ、後半にWTB松島幸太朗(サントリー)がトライを返したが、及ばなかった。今年のテストマッチ通算成績は3勝1敗。

 W杯日本大会には世界各国・地域から20チームが参加。日本は20日にロシアとの開幕戦(午後7時45分開始、東京・味の素スタジアム)に臨む。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2145文字)

あわせて読みたい

注目の特集