メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラリンピック ビートで応援 組織委、動画を募集

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、競技会場やライブサイトに映し出される応援動画を募集すると発表した。組織委が作成した公式応援ビート「2020beat」に合わせ、手拍子や踊り、楽器演奏など自由な表現で動画を撮影し、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて投稿する。投稿方法の詳細は近く発表される。

 走る、投げるなどスポーツの時に生まれる音や、ししおどしや能など日本文化を象徴する音などを集め、人工知能(AI)を使って作曲した。15、20、30秒の3バージョンがある。組織委の公式サイト(https://tokyo2020.org/jp/special/makethebeat/)にお手本動画がアップされている。

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです