京急衝突事故 踏切異常、40秒前に検知 京急職員も非常ボタン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
障害物検知装置と発光信号機のしくみ(京急による)
障害物検知装置と発光信号機のしくみ(京急による)

 横浜市神奈川区の京急線の踏切で快特電車と13トントラックが衝突し、トラック運転手が死亡、乗客ら30人超が軽傷を負った事故で、踏切内の異常を知らせる装置が事故の約40秒前に作動していた可能性が高いことが京急電鉄への取材で判明した。国の運輸安全委員会や京急は運転士がどの時点でブレーキを作動させたのか調べる。【松本惇、池田直、服部陽】

 神奈川県警は6日、新たに女性2人が軽傷を負っていたことを明らかにし、けが人は子供を含む計35人(男性15人、女性20人)となった。

この記事は有料記事です。

残り1860文字(全文2092文字)

あわせて読みたい

注目の特集