メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胆振東部地震1年 豊作、家族が帰って来た夢 1人立つ水田、黄金色 父母妹失った54歳、奮起の米

土砂崩れの跡が残る幌内地区の水田で、稲の生育を見守る山本隆司さん=北海道厚真町で1日、竹内幹撮影

 「今日で1年を迎えたよ」。北海道胆振(いぶり)東部地震で甚大な被害を受けた厚真町幌内の農業、山本隆司さん(54)は6日早朝、農作業前に自宅の仏壇で手を合わせた。土砂崩れで家が流されて田んぼや農機具は壊滅し、最愛の家族3人を失った。悲しみを乗り越え、1人で再開した米作り。田んぼには、黄金色に色づく稲穂がたくましく実っていた。【福島英博】

 山本さんは、地域で「米作り名人」といわれた父辰幸さん(当時77歳)と母リツ子さん(同77歳)、妹ひ…

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1162文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです