メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FBを独禁法違反で調査 ニューヨーク州など全米9州・特別区

フェイスブックのロゴ=AP

 米ニューヨーク州の司法当局は6日、米交流サイト大手フェイスブック(FB)に対し、独占禁止法(反トラスト法)違反の疑いで調査を始めたと発表した。調査はコロンビア特別区やフロリダなど全米8州・特別区の司法長官と共同で実施する。巨大IT企業の市場支配力に対する懸念が強まるなか、米議会や政府機関に加えて各州にも独禁法調査の動きが広がった。

 ニューヨーク州のジェームズ司法長官は同日、「世界最大のソーシャルメディアであっても法律に従い消費者を尊重しなければならない」との声明を出した。FBが消費者データを適切に扱っているかどうかや、FBが市場支配力によって消費者の選択肢を制限したり、ネット広告価格を不当につり上げたりしていないかなどを調査するという。

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです