メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米とフーシ4年ぶり協議 イエメン内戦終結探る 対イラン緊張緩和の兆し?

トランプ米大統領=AP

 米国のシェンカー国務次官補(中東担当)は5日、内戦が続くイエメンの親イラン武装組織フーシの代表者と、内戦終結に向けた協議を行ったことを明らかにした。AFP通信が報じた。米国とフーシとの対話は、2015年6月にオバマ前政権の担当者が接触して以来約4年ぶりとされ、トランプ政権では初となる。

 米国とイランの対立が深まる中、トランプ政権がフーシの背後にいるイランとの緊張緩和も見据え、接触を図った可能性がある。シェンカー氏は訪問先のサウジアラビアで「相互に受け入れ可能な解決策を探すため、フーシと協議している」と述べたが、会談場所や時期など詳細については言及しなかった。

 イエメンでは14年以降、サウジが支援するハディ暫定政権とフーシの対立が激化。サウジ主導のアラブ諸国…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです