メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国法相候補・曺国氏 妻起訴でも「任命権者に従う」 文大統領、一両日中に最終判断

曺国氏=AP

[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の側近で、法相候補に指名された曺国(チョグク)前青瓦台(大統領府)民情首席秘書官の妻が6日にソウル中央地検特捜部に私文書偽造罪で在宅起訴され、文氏は曺氏の処遇について難しい判断を迫られている。任命を強行すれば不正入試疑惑に不満を持つ若者層の支持離れは避けられない。一方、「検察改革」を推進する曺氏に対する指名を撤回すれば、改革推進力は失墜することになる。文氏は一両日中にも最終的な判断を下す見通し。

 聯合ニュースによると、起訴された妻は、娘が2014年に釜山大学大学院に進学する際、自身が所属する東洋大学の表彰状を偽造したとしている。大学院に提出された履歴書に総長賞表彰受賞の記載があり、入試に有利になるよう作成した疑いがもたれている。

 検察は妻が表彰状を偽造した時期を12年9月7日と特定。私文書偽造罪は時効が7年だったため、公訴期限が切れる直前の6日午後10時40分に起訴した。

 7日午前0時過ぎ、14時間にわたる聴聞会の終了後、妻の起訴を知らされた曺氏は「取り調べもなく起訴され残念」と述べ、「任命権者の意に従う」と辞退しない姿勢を示した。

 与党は検察改革を目指す曺氏に抵抗しようと「起訴権を乱用した」と検察を批判。指名撤回を求める野党と攻防が続いている。【ソウル堀山明子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです