メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号 8~9日にかけ東日本に上陸のおそれ

気象庁が入るビル=高添博之撮影

 台風15号は7日午前6時現在、小笠原諸島・父島の東南東約350キロにあり、1時間に約35キロの速さで西北西に進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径60キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。東日本では太平洋側を中心に8日から9日にかけ、強い勢力を保ったまま暴風域を伴って東日本にかなり接近し、上陸するおそれがある。気象庁では高波や土砂災害、河川の増水…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 編集部のよびかけ 女性天皇 認められるか ご意見募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです