メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

崩壊自宅で1カ月後に愛猫と再会 胆振東部地震で両親犠牲 44歳女性の決意

出勤前に仮設住宅で愛猫を抱く林崎陽子さん=北海道厚真町で2019年9月6日、貝塚太一撮影

 昨年9月の北海道胆振(いぶり)東部地震による土砂崩れで厚真町の自宅が押しつぶされ、同居していた父母を失った林崎陽子さん(44)。失意の中、生きる希望を与えてくれたのが雄の愛猫「フク」の存在だった。人間でいえば60歳くらい。今春から仕事に就いた林崎さんは「いつまでも泣いてはいられない」と一歩を踏み出す決意をした。

 地震から1年を迎えた6日朝、町内の仮設住宅に住む林崎さんは、両親の遺影に手を合わせた。傍らにそっと…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. ORICON NEWS ノンスタ石田、ロンブー亮から引き継ぎ『おかべろ』2代目店長 岡村隆史が全幅の信頼「感覚が合う」

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです