メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塩ビ管や木の根…下水道にカメラ入れたら想定外の障害物 千葉・柏

下水道管内部に突き出した塩化ビニール製の管=千葉県柏市提供

 下水道管の老朽化対策のため、千葉県柏市が管の内部にカメラを入れて調査したところ、想定外の障害物が見つかった。人間の血管にたとえ、“人間ドック”とも呼ばれる同市初の下水道管の健康チェック。市は障害物を除去するため対策費を増額補正する予算案を9日開会の市議会に計上する方針だ。【橋本利昭】

 柏市の下水道は1960年に整備が始まり、総延長約1300キロで、普及率は90.3%(2018年度末)。うち敷設から35年以上経過した老朽管は約500キロあり、昨年10月から4年間で6億4000万円かけて内部を調査し、調査後10年間かけて修繕が必要な箇所(想定では約70キロ)の内側に新しい樹脂製管を入れて補強し、陥没などを防ぐことにしている。

 他の自治体では普及率アップに力を入れ、修繕に手が回らないのが現状だ。市のこうした取り組みは、壊れた…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです